top

What sets the Biopolymers Symposium above any other bioplastics industry event?
This is the industry’s longest running and most comprehensive U.S. bioplastics conference, bringing together more than 250 key players and decision makers for debates, discussion and networking. This year’s program offers you:

A continuous focus on innovations in performance and technology: You’ll hear from Ecovative, Reverdia, Interface Solutions, Plantic and FKuR on hot topics like new biomonomer development, cutting edge new biopolymers, and performance enhancements.
Introductions to new players on the scene: The chief executives of Solegear, Virdia and Eastern BioPlastics will give a glimpse into the opportunities and challenges for start-up companies in the biopolymers arena.
A combination of local and global perspectives: So much of what’s happening today in the biomaterials industry starts at the local level and the Biopolymers Symposium 2012 will give you a glimpse into what’s happening on the ground in Maine, Wisconsin and Washington. But this is a global industry, working on global problems and most importantly, searching for global solutions. From Brazil to Italy to the London Olympics and BASF to Ford to Goodyear to Purac, you’ll leave this year’s event with fresh perspectives and new potential business relationships from all over the world.

Exploring the role of anaerobic digestion in the bioplastics industry
Don’t miss the Anaerobic Digestion Forum!
Book now for Anaerobic Digestion 2012Smithers Rapra’s Biopolymers Symposium’s new half-day event will explore the role that anaerobic digestion could play in the U.S., policy initiatives, feedstock supply and much more.

At the Anaerobic Digestion Forum, attendees will learn the true potential of this technology from key stakeholders and government adopters like BASF; BioFerm Energy; City of Madison, Streets Division; Darby Marketing; ERM; Organic Waste Systems, Inc (OWS); Smithers Rapra and the Wisconsin State Energy Office.

The exploration of this important topic will be led by our esteemed advisory board:

Where the industry’s key players gather!
“Excellent representation from a variety of stakeholders: suppliers, brand owners, certification bodies, industry associations, government and non government organizations” Carol Casarino, DuPont

“Good topics for getting an overall understanding of the Biopolymers industry and making contacts” Jeff Corbett, Mantrose-Haeuser

“This is my third time attending this conference. I have seen the growth in the numbers of attendees as well as the broad spectrum of topics covered” Tam Phan, Mannington

Initially regarded as suitable only for short-life, single-use packaging items, the applications for biopolymers are extending into semi-durable and durable items in areas such as consumer electronics and automotive engineering. High performance, high technology biopolymers are becoming the standard for this industry. Find out why the Biopolymers Symposium 2012 is the industry’s most comprehensive learning and networking event!

Check back often for updates or follow us on Twitter for up-to-the minute announce

消化管

消化管-全身の健康状態に依存してシステム。多くの疾患の原因は、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、微量元素の不均衡である。

これらのすべての価値のある物質は、食品を通じて体内に入る。

消化管の仕事が壊れている場合でも、も、最も栄養価の高い食品は、健康の源ではありません。

実際、この場合には、私たちは、ビタミンやミネラルは、単に同化されることはありません。

すなわち、消化管の健康を監視することが非常に重要である理由である。

心臓病、肝臓、それらの間でこれらの違反の結果、治療よりもはるかに簡単です。

不健康なダイエット-それは、消化管の疾患の主な原因いることは周知の事実です。

残念ながら、おいしい、常に有用ではありません。

漬物食品、甘い、小麦粉の存在量は、油で揚げた食品は、消化管の重大な障害を引き起こす可能性があります。

しかし、私たちの多くは、この方法を食べる。

もちろん、正しい食生活を急速観察するの私たちの時代に非常に困難である。

健康的な料理は、多くの時間を必要とします。

しかし、これらの問題や困難のすべてその他の重大なひきがねとなり、時には多くの問題をもたらす。

栄養失調に加えて、原因と消化器疾患が頻繁にストレスです。

張力は一定疲労、不機嫌 – これらの条件は、消化器疾患を引き起こし、(および他の器官)、胃腸管の疾患につながる可能性がある。

どこでも不確実性は:職場で、家庭で、プライベートとパブリックの中でこれはすべてのストレスの原因となる。

しかし、多くの我々はできる、自分自身に依存し、ストレスに対処する必要があります。

調和を復元するために役立つ多くの技術がある。

それらの中には:瞑想、自己催眠、など多くの本の主題である別の問題そして、我々はあなたが同じ助けで処理された消化管の最も一般的な疾患に対処できるかについて話します。

また、増加傾向にある性病などの心配があるとストレスに感じよけいに眠れなくなるのではないでしょうか?

そのような時は、自分に起こった症状などを調べることをおすすめします。

参考サイト:性病の症状.net・・・性病には細菌由来やウィルス由来など様々なタイプがあり、その臨床症状も様々です。

消化管細菌は人間の脳に影響を与える

細菌胃腸の微生物叢の変化は、脳の様々な領域に影響を与える。

今では、動物にもヒトではないだけが示されている。

それは長いストレスおよび感情的な経験が私たちの胃の健康に影響を与えることが知られている。

一部の人々は唯一の胃の痛みを感じるように少し刺激を必要としています。

しかし、人はうつ病と慢性不安を訴え開始後に胃の問題は、消化不良などの神経心理的な問題に先行しばしば逆の状況も他でもないがありませんでしたが。

明らかに、胃と脳との間の双方向通信は、胃内での脳の健康を調節するだけでなく、胃や腸、脳内のプロセスに影響を与えることができる。

これは、腸内細菌叢は我々の生物におけるすべてに影響を与えることが判明し、それは、長い間知られているが、中枢神経系への影響は、これまでのところ唯一の動物実験で実証されている。

実験は、18から55歳の36の女性を3つのグループに分けられた。

最初の1ヶ月1日2回はプロバイオティクス細菌の混合物でヨーグルトを食べて、第二 – ヨーグルトの風味や外観に類似製品が、細菌なしで、3番目はヨーグルトのようなものは何もありません受け取った。

前とヨーグルトとの期間の後にすべての磁気共鳴と脳イメージングを行われて安静時および感情的なストレス下:女性は彼らは感情が人間とは何か、それを推測し、他の写真の中にそのような感情を見つける必要があります。

掲載された記事では、研究者は、プロバイオティクスとヨーグルトを食べた女性では胃を含め、内臓からの信号を処理するための責任が他のもの、の中で、あることを脳のその部分に活性を低下させている。

一般的には、プロバイオティクスを持つ女性は、追加の細菌ずにいた人よりも、認知、感情、感覚ネットワークに関連するはるかに少ない神経リソースを使用して感情的に指向のタスクを実行した。

安静時の脳のスキャンは、プロバイオティクスの投与が意識を担当する脳の重要な分野間のリンクを強化するだけでなく、積極的な行動に責任を中央灰白質であることを証明した。

プロバイオティクスを受けた女性では、中央の灰色のは問題で、主に感情や官能的な経験を担当する。

科学者たちは現在、そのような胃腸の細菌は、人々がより良い自分の感情をコントロールし、より少ない衝動的行動を作る作るもののような世界的な結論を、することを避ける。

微生物は、それが非常に明確ではないが、正確にどのように、脳の神経構造に影響を与えることを示している。

もう一つの驚きは微生物叢の変化が脳内の非常に多くの分野を感じているという事実である。

心理的な意味では、おそらく、純粋に生理的にだけでなく「あなたは何を食べている」ことを意味します。

野菜を好む人で、腸内の微生物が1になりますし、肉を食べる人たちで他の微生物の組成は、実際にダイエットに依存します。

しかし、その後、これらの被験者における脳活動が異なります。

もちろん、正確にどのように、どのように異なる実験の必要な数であるを理解する。

実際にはこれは、将来的には、胃腸の微生物叢のプロファイルを変更するだけで、認知症を補正することが可能であり得ることを意味する。

たぶんいくつかの状況では、例えば、1またはその子ども時代に関連した別の人で気質は、抗生物質を過剰供給されている。

もちろん、それはこれらのデータは非常に印象的な人々が自分の微生物相を取り除くことを試みることができ、そしていわば、細菌の影響からあなたの心を解放すると想定することができる。

同じ高いHIV感染率の地域で採用されているセックスワーカーの中に含ま5件の試験のうち4つを実施し、したがって、彼らのウイルスを取得する。

しかし、これらのテストの結果は、セックスワーカーよりも少ない頻度でセックスをした女性には適用されないための明白な理由はありません。

害虫のいずれかのリスクが高いヒト免疫不全ウイルス(HIV)の保護のために妊娠を防止していないために、精子のようにいくつかの機会にノノキシノールを使用した。

女性のレビューは、それが潜在的な危害の結果を普及するのが賢明ではないと警告しています。

避妊のためのこれまで使用ノノキシノールエリアからある外陰部の性器潰瘍および病変の病因ほとんどで発生し、統計的な観点でわずかに有意でした。

全ての実験は、下の資源不足の設定で重量のアプリケーションのための感受性結果を増加させる、発展途上国で実施されました。

現在の証拠に基づいて、ノノキシノール-9の使用どの国ウイルス(HIV)でのHIV /エイズの予防プログラム、中を奨励することはできません。

介入を実施するためには、HIV /エイズの予防のための致命的な微生物の推進がアカウントウイルスに、ヘルスケアと、このケアの主催、安全性、受容性と使いやすさに性的機能と快適さの問題に関するコストと影響を労働者を取る必要があります。

そのノノキシノール-9 HIVの取得を防止するのに効果的ではないが存在するが、一次調査は、HIVの予防の研究の重要な焦点である、下の資源不足の設定で殺虫剤や他の微生物のために継続されます。

そして、それはより多くの選択肢と農薬や他の微生物の追加の評価が必要とされる女性のための制御を提供しています効果的に微生物農薬にできる。

それは、新しい殺菌剤は、HIV感染の予防に有効であることが表示されたら、それは、女性セックスワーカーのでなく、性的に活発な他の女性の間だけでなく、フィージビリティスタディを実施することが必要であろう。

米国では、国立衛生研究所、セックスワーカーとその男性パートナー不動とそのクライアントとの間に農薬微生物の使用農薬の微生物とフィージビリティスタディの経験と協力して、南アフリカの医学研究審議会のウイルスのヒト免疫不全の単位予防研究を実施です。

HIVに感染した男性と女性の間で膣ゲルの受容性と併せてさらなる研究を探してあなたは膣の中に置くと、ウイルスの侵入を抑制し、また、抗菌特性を有している場合は厚くなります。

これらのテストの結果は、農薬使用の微生物の地下牢への影響の存在を示した場合は、HIV /エイズの世界的流行への影響は巨大なウイルスである場合があります。